Interview

自分がいただいた仕事に一生懸命携わればいいなと思ってます。

- 磯部 悦子さん
/調理師
毎年卒園する子どもたちがコメント付きのアルバムをくれるのが嬉しかったですね。
  • Q1. 入社のきっかけを教えてください。

    元々病院や保育園に勤めていたことと、副園長の友達だったということもありお誘いをいただいたんですが、年齢も年齢なので、初めは自分にできるかな?と思ってたんです。
    ですが、給食のお手伝いということで、それなら自分にもできるかな?と思い私にできることであれば協力したいなと思い入社することになりました。

  • Q2. 以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

    若いときから40年くらい看護師として、外科や内科、胃腸科などで働いてきました。
    その後しばらく家庭の事情で家にいたんですけど、知り合いの方からお誘いいただいて、子供が好きだったこともあり、保育園のお手伝いとして5年ほど保育士さんの補助や給食のお手伝いし、その後4年ほど幼稚園にて用務員として勤務し、その後は高齢者住宅で調理や職員さんの管理、介護業務などを7年ほど経験したあと、自身の病気や手術などがあり、2年ほど自宅にいましたが、今回またこのようなお話をいただき、今までの経験が活かせるかなと思い今に至ります。

  • Q3. 保育園や幼稚園でのお仕事のやりがいについて教えてください。

    幼稚園の時は職員室には私しかいないもんだから、子ども達から一緒に走ろうって言われるんです。それで園庭を走ってると「一番年寄りなのに一番走ってる」と他の先生にも笑われていました。それだけ子どもと接していると元気なるんですよね。
    以前も用務員として勤務はしておりましたが給食の配膳などもしていたので、子どもたちからは「給食の先生」って呼ばれてました。
    食べれなかった給食が食べれるようになったり、毎年卒園する子どもたちがコメント付きのアルバムをくれるのが嬉しかったですね。
    そして卒園した子どもたちにばったり会ったりして、中学生になっていてもいまだに「先生」と話しかけてくれたり保護者の方から「あの時給食をちゃんと食べさせてくれたから好き嫌いが無くなってよかった」とか言われると、やっぱりやりがいがあるなぁ〜って嬉しく思います。

  • Q4. これからどのような仕事をしたいですか?

    せっかく入社したならば、一日気持ちよく仕事が出来ればいいと思ってます。
    自分がいただいた仕事に一生懸命携わればいいかなと思ってます。その中で、色んな制作とかあった時は保育士さん達のお手伝いしたいと思っています。例えば、「何か手伝ってほしい」とか「あそこをちょっと掃除しといてもらっていい?」って言われたらそれは気持ちよくしようと思っています。

    私は病気で胃をとっているのと、以前娘を亡くしているので、でなるべく元気に長く生きようと思っています。じっとしているのも性に合わなくて。
    娘の分も長生きしようと。仕事でもプライベートでもそれが一番ですね!そういうこともあって、雑用でも何でもしたいって思います。そしてみんなから頼ってもらえて喜んでもらえる人生になると嬉しいですね。